製品情報>My Sony>αcafe>サークル>Lightroom A to Z

本文へ

[その他のα] [DSC-RX100] [α99] [DSC-RX100M2] [α7R] [DSC-RX100M3] [α77 II] [α7R II] [α77] [DSC-RX100M4] [α65] [α7S] [α58] [DSC-RX10] [α7S II] [α57] [α7] [DSC-RX10M2] [α37] [α7 II] [α55・α33] [α900] [NEX-7] [DSC-RX1] [α550] [DSC-RX1R] [α700] [DSC-RX1RM2] [α6300] [α6000] [NEX-6] [α5100] [α5000] [NEX-5T] [NEX-5R] [NEX-5N] [NEX-3N] [NEX-C3] [NEX-F3] [NEX-5・NEX-3] [QX1] [QX1L]

Adobe Systems社のRAW現像ソフトLightroom、多くの方々が使われているのに情報交換の場が無かったので作っちゃいました。

初心者の方大歓迎です、一緒に勉強しましょう、ベテランの方ももちろん大歓迎です、色々教えて下さい、お手柔らかに・・・

Lightroomの導入を検討されている方も是非ご参加下さい。
また、Photoshopをお使いでCameraRAW機能について情報交換されたい方も歓迎致します、中身はLightroomと同じですので。

「こんな機能があるよ!」とか「こんな事出来ますか?」など
自由に情報交換をしていただく場としてお使い下さい。

初めてご入会された方は、【初めにお読みください】というトピックをご覧下さい。

  • サークルに入会する
掲示板 一覧

Photoshopで以前使っていた文字フォントが見つからない場合

amespi@沈没中・・・さん2018/11/09 19:32作成

PhotoshopというよりはWindowsの話なんですが、
Windows7からWindows10にバージョンアップした際に、
一部削除されたフォントがあり、
Photoshopで以前使っていたフォントが参照出来ない場合があります。

私は「AcaemyEngravedLetPlain」というフォントを使っていて、
Windows10で参照出来なくなりました。

これは英語フォントの並びの先頭にあったのでつい使ってしまいましたが、
同じ様な方いらっしゃるのではないでしょうか?

Windows10で削除されたフォントを
ダウンロードしてインストールする事で解決しますが、
システムをいじるので代替フォントで済む方はその方が良いと思います(^_^;)

以下に手順を示しますが、
システムファイルをいじるのであくまで自己責任でお願いします<(_ _)>
作業前にシステムの復元ポイントを作っておくと良いと思います。

1)添付画像の様なエラーメッセージが出るので、
表示されているフォント名をメモして下さい。

2)下記のサイトで1)のフォント名を検索します。

http://www.world-fonts.com

3)フォントが見つかったらダウンロードします。

4)xx.ttfやxx.ttcなどのフォントファイルが出来ますので、
これをC:\Windows\Fontsにコピーします。

これでPhotoshopを再起動すれば認識します。

ご参考まで。

0コメント

【初めにお読みください】改訂版

amespi@沈没中・・・さん2016/12/01 11:44作成

このサークルではαcafeの機能による制限を回避するため、Googleドライブを併用してデータの受け渡しをする場合があります。以下の3点はぜひとも目を通していただきたく、よろしくお願いしたします。

1)これは外部機能とは関係ありませんが、自己紹介をされる場合は、
【はじめましてはこちらに】というトピックへの書き込みをお願いします。
http://acafe.msc.sony.jp/circletopic/detail/c/0000001721/t/00000000009421
ご入会された際にはぜひ自己紹介をお願い致します。


2)既存のトピックスの索引を用意しておりますのでご利用ください。文字数制限を回避するためにGoogleドライブを使用しています。
以下のサイトにアクセスし、「トピック索引」というフォルダーの中にある「Index_xx.pdf」というファイルをご覧ください。(xxは作成日付)
https://drive.google.com/folderview?id=0ByFHcvYVEthRS3FfNWlOcGlYN2c&usp=sharing

既存トピック名と概要、URLを列挙してありますので、新規にご参加された方々等のご参考になれば幸いです。PDF形式ですので、WebブラウザーやAcrobat Readerから参照していただければ、URLをクリックして該当トピックにジャンプ出来ます。


3)このサークルでは解説等に使用した画像データ類を、Googleドライブを使用して公開しております。
「【お知らせ】Googleドライブで解説画像等の閲覧が出来るようになりました」というトピックをご覧ください。
http://acafe.msc.sony.jp/circletopic/detail/c/0000001721/t/00000000010160


なお、Windows版で確認したところ、safariではGoogleドライブに正常にアクセス出来ない様です。Macをお使いの方々、お手数ですが、Chrome, Firefox, Opera等他ののブラウザーをご利用ください。

4コメント2018/10/29 00:01

【Lightroomを初めて利用される方へ】基本的なワークフローについて

amespi@沈没中・・・さん2017/01/07 14:18作成

Lightroomを初めて利用される方のご入会が最近多い様なので、その方々へのアドバイスをさせていただきたいと思います。

最初の取っ掛かりはやはりAdobe TVの動画による解説を参照していただくのが良いかと思います。

http://tv.adobe.com/jp/show/learn-lightroom-5/

この中で、まず初めに以下の3つの動画をご覧ください。

1)Lightroomの一般的なワークフロー(基本テクニック)
2)現像モジュールの基本操作(写真の現像)
3)写真の書き出し(基本テクニック)

この3つを参照していただくことで、「画像の読み込み」、「現像」、「書き出し」というLightroomの基本的なワークフローを理解し、RAWで撮影した画像をストレート現像(Lightroom初期設定での現像)してJPEGファイルへ書き出し、投稿することが出来る様になると思います。

これが分かったところで、「基本テクニック」、「写真の現像」、「シャープとノイズ軽減」を中心にご興味のあるところから、動画を参照していかれると良いかと思います。

また、このサークルのトピックでも色々な機能を紹介していますので、Googleドライブに置いたインデックスにも一通り目を通していただくと良いかと思います。

https://drive.google.com/folderview?id=0ByFHcvYVEthRS3FfNWlOcGlYN2c&usp=sharing
ここに「トピック索引」というフォルダーがあり、その中にインデックスファイルがPDF形式で置いてあります。

部分補正(補正ブラシ、段階フィルター、円形フィルター)などはチュートリアル形式でまとめてあります。

結構なボリュームになりますが、大体この様な順序でご参照されるとよろしいかと思います。

8コメント2018/10/29 00:00

Microsoft Edge 使用時にマウス右ボタンで「Google検索」出来る様になりました!

amespi@沈没中・・・さん2018/10/14 23:48作成

Lrからはちょっと逸れますが、
Windows 10 でMicrosoft Edgeブラウザーを使っていて、
マウスの右ボタンを使って、
「Google検索」したいけどCortana経由で嫌々「Bing検索」してる方、
案外いらっしゃるのではないかと思います。

Windows 10 の最新バージョンでは、
以下の手順でGoogle検索出来る様になります。

1)「https://www.google.com/」を一度開いて下さい。
このページを一度開かないと検索エンジンとして指定できないので、
一度だけ開いて下さい。

2)ウィンドウ右上の「・・・」ボタンをクリックします。

3)「設定」を選びポップアップ画面下の方の「詳細設定を表示」をクリックします。

4)詳細設定画面をスクロールしていくと、
「検索エンジンの変更」というボタンがあるので、
これをクリックします。(添付画像参照)

5)Googleをクリックし、「既定」をクリックします。


以上の手順でブラウザーの画面から単語を選択して、
マウス右ボタンで「Google検索」を呼び出せます。

1)の手順は今のバージョンでは要らなくなってるかも知れませんが、
一応やっておいて下さい。

あと補足ですが、Microsoft Edgeの現在のバージョンでは、
マウスのダブルクリックで単語選択、
トリプルクリックで1行(正確には1文)選択が出来る様になってます。

ご参考まで。

20コメント2018/10/19 22:06

Lightroom Classic CCおよびPhotoshop Camera RAWアップデート

amespi@沈没中・・・さん2018/10/16 23:28作成

2015/10/15付けでLightroom Classic CCとPhotoshop Camera RAWのアップデートが来ました。

主な新機能は以下の6点です。

1)奥行き範囲マスク
深度マップデータが埋め込まれた対応 HEIC 写真内の深度値の範囲に基づいて選択します・・・なんのこっちゃ???
おそらくiPhoneのダブルレンズカメラで撮影した、
HEIC形式の画像に対応する機能だと思います。

2)シングルステップHDRパノラマ結合
HDR処理とパノラマ合成を一度に出来る様になった様です。

3)Canonのカメラのデザリング高速化
これはあまり関係ないですね・・・(^_^;)

4)処理バージョンを改善
処理バージョンが更新されバージョン5に上がりました。
プリセット等を多用される方は要注意です。
今回の更新による変更点は「高ISO時の画質の改善」、
「かすみの除去マイナス値指定時のノイズ低減」だそうです。

5)HEVCファイルのサポート(macOS)
macOS版でHEVCというビデオ形式ファイル(たぶん・・・(^_^;))
のサポート

6)新しいカメラとレンズのサポート

詳細はこちらをご参照下さい。
https://helpx.adobe.com/jp/lightroom/help/whats-new.html

あとCreative Cloudのアプリケーション全体で色々と変わったようです。
ちなみにiPad用Photoshopが出たようです。

8コメント2018/10/19 21:51

メンバー(209人) 一覧

ページトップへ

Lightroom A to Z

オーナー:amespi@沈没中・・・さん

[その他のα] [DSC-RX100] [α99] [DSC-RX100M2] [α7R] [DSC-RX100M3] [α77 II] [α7R II] [α77] [DSC-RX100M4] [α65] [α7S] [α58] [DSC-RX10] [α7S II] [α57] [α7] [DSC-RX10M2] [α37] [α7 II] [α55・α33] [α900] [NEX-7] [DSC-RX1] [α550] [DSC-RX1R] [α700] [DSC-RX1RM2] [α6300] [α6000] [NEX-6] [α5100] [α5000] [NEX-5T] [NEX-5R] [NEX-5N] [NEX-3N] [NEX-C3] [NEX-F3] [NEX-5・NEX-3] [QX1] [QX1L]

このサークルについて

Adobe Systems社のRAW現像ソフトLightroom、多くの方々が使われているのに情報交換の場が無かったので作っちゃいました。

初心者の方大歓迎です、一緒に勉強しましょう、ベテランの方ももちろん大歓迎です、色々教えて下さい、お手柔らかに・・・

Lightroomの導入を検討されている方も是非ご参加下さい。
また、Photoshopをお使いでCameraRAW機能について情報交換されたい方も歓迎致します、中身はLightroomと同じですので。

「こんな機能があるよ!」とか「こんな事出来ますか?」など
自由に情報交換をしていただく場としてお使い下さい。

初めてご入会された方は、【初めにお読みください】というトピックをご覧下さい。

閉じる
サークルに入会する
Lightroom A to Zサークル

このサークルについて

Adobe Systems社のRAW現像ソフトLightroom、多くの方々が使われているのに情報交換の場が無かったので作っちゃいました。

初心者の方大歓迎です、一緒に勉強しましょう、ベテランの方ももちろん大歓迎です、色々教えて下さい、お手柔らかに・・・

Lightroomの導入を検討されている方も是非ご参加下さい。
また、Photoshopをお使いでCameraRAW機能について情報交換されたい方も歓迎致します、中身はLightroomと同じですので。

「こんな機能があるよ!」とか「こんな事出来ますか?」など
自由に情報交換をしていただく場としてお使い下さい。

初めてご入会された方は、【初めにお読みください】というトピックをご覧下さい。

ご注意

サークルは、αcafeをご利用のお客様同士がそれぞれのテーマで情報の共有・交換を行うことにより、αをより楽しんでいただくことを目的としたコミュニティです。サークルの作成・ご利用にあたっては、「αcafe利用時のご注意」および以下の注意事項をよくお読みになり、ご同意のうえご利用ください。

<サークルの作成に関する注意事項>

  • 他のサークルと混同されないように、類似の名前のサークルがないかをご確認ください。
  • 一人の方が同時に作成可能なサークルの数は3つまでとなります。
  • サークルメンバーの募集は適宜停止または再開ができますが、サークルメンバー毎に参加の可否を定めることはできません。
  • サークル作成時にはサークルのテーマをできるだけ明確にしてください。
  • ソニーグループ(ソニー株式会社およびその子会社ならびに関連会社)以外の事業者の名称や、ソニーグループ以外の事業者の製品・サービスの名称を、サークル名称の全部または一部として設定することはご遠慮ください。
  • 法令、公序良俗、「αcafe利用時のご注意」第4条(禁止事項)の定めに反するサークルは、事前の通告なく削除等の措置を行う場合があります。また、サークル内でかかる定めに反するトピックスの作成、コメントが散見された場合も、同様とします。
  • 前項に該当しない場合でも、αcafeの運営上の都合によりサークルを削除させていただく場合があります。
  • サークルオーナーの方は、自らの責任により作成されたサークルを管理・運営してください。なお、サークルオーナーの方は、作成されたサークルにおけるトピックス・コメントを削除することができます。
  • サークルオーナーの方は作成されたサークルを削除することができます。
  • サークルオーナーの方がαcafeを退会(αcafeに登録されたニックネーム等の削除、αcafeのご利用に必要な製品登録の削除、またはサインインIDを削除された場合は、αcafeの退会となります)された場合、作成されたサークルも削除されます。

<サークルのご利用に関する注意事項>

  • 法令、公序良俗、「αcafe利用時のご注意」第4条(禁止事項)の定めに反するトピックスの作成、サークル内でのコメントは禁止しています。違反時は、事前の通告なくこれらを削除する等の措置を行う場合があります。
  • 自らがサークル内で作成されたトピックス・コメントは、そのサークルに参加されている間は削除することができます。サークル退会後、またはαcafeの退会後は削除が不可となりますが、トピックス・コメントは表示され続けますのでご注意ください。
  • αcafeに投稿された画像はサークル内で表示が可能です。投稿者の方が画像をαcafeから削除した場合、αcafeから退会された場合は、かかる画像はサークル内においても表示がされなくなります。

<その他>

  • 作成されたサークル・トピックス、サークル内でのコメント、その他サークルを利用してなされた一切の行為およびその結果についてはお客様が責任を負います。
  • サークルを利用したことによるお客様間またはお客様と第三者のトラブル、紛争については、お客様が自らの責任と費用で解決してください。
  • サークルやサークル内のトピックス・コメントが保管または表示され続けることについては保証いたしません。
  • サークルは、予告なく内容の追加、変更、中断または終了することがあります。
上記を読んだ上で、内容に
入会する
閉じる
サークルを退会する
Lightroom A to Z

サークルを退会すると、トピックの内容が閲覧できなくなります。※あなたの書き込み内容などは、削除されません。

キャンセル(退会しない) 退会する
閉じる