製品情報>My Sony>αcafe>気づかれた???(よしにゃんさん)

本文へ

  • 性別:男性
  • 年代:50-59歳
  • 地域:静岡県駿東郡小山町
  • 撮影エリア:富士スピードウェイ・鈴鹿サーキット等々
  • 使用ボディ:( )は過去所有していて現在手元に無いボディ
    α99Ⅱ
    α99
    α77Ⅱ
    (α77)
    α700
    MINOLTA α7LIMITED
    MINOLTA α7
    (MINOLTA α7xi)
  • 使用レンズ:DT 16-50mm F2.8 SSM
    Vario-SonnarT*16-35mm F2.8 SSMⅡ
    Vario-SonnarT*24-70mm F2.8 SSMⅡ
    70-200mm F2.8G SSM Ⅱ
    PlanarT*85mm F1.4ZA
    TAMRON Model A007・A022
    SIGUMA 24-105mm
    MINOLTA製レンズも数本所有
  • お気に入りの一本:70-200mm F2.8 G SSM II

2018年4月、舌癌により話す&食べる自由を失い絶望するも翌年より復帰&癌再発治療中

α99Ⅱを導入しました。フィルムカメラ以来のフルサイズです。Eマウント移行も検討しましたが「Aマウントレンズの能力を100%引き出せるのはAマウントカメラのみ!Eマウントでは不可能である!!」という結論に。新古でα99も導入し3台体制。更に今までのミノルタ大三元レンズを一新、全てソニー製に追加変更しラインナップも拡充しました。
今までも、これからもAマウントカメラを使い続けてモタスポ撮影に挑みます。

1991年 α-7xiで1眼レフカメラデビュー
2002年 α-7LIMITED&α-7で人生初のカメラ2台体制となる
2008年7月 前年に発売されたα700を機にデジへの移行と銀塩カメラ第一線からの退役を決意
2008年8月 α700でデジ1眼デビュー
2012年8月 α77導入、α700との2台体制に
2014年6月 α77Ⅱ導入、α700との2台体制に
2016年8月鈴鹿1000kmの大雨によりα77Ⅱ(水没扱い)全損、ソニーストアにて交換
2019年5月 α700信頼性低下により第一線からの退役を決意
2019年6月 α99Ⅱ導入、α77Ⅱとの2台体制に    
2020年10月 α99を導入、α99Ⅱ&α77Ⅱとの3台体制&大三元レンズ全てソニー製 


日本で唯一、モータースポーツに特化したアマチュア写真クラブ「Focal(フォーカル)」のメンバーとして活動し、定期的にモータースポーツ写真展を開催してます。

2015年より写真クラブFocalでは、IPS(インタープロトシリーズ)の取材(PRESS)撮影&オープンピットでの写真展示やじゃんけん大会での写真提供を実施。
更に、富士スピードウェイ メディアセンター前等々などでもメンバーが撮影した写真展示を実施しています。2017年からはIPSに加えてKYOJO-CUPも取材します。2019年よりIPS&KYOJO-CUPのオフィシャルカメラマンの一員として活動開始。

取材撮影での撮影リスクを極力減らす為α99を導入しました。取材時はα99Ⅱ&α99の2台体制をメインとしα77Ⅱはコース撮影&サブ機として稼働させます。