製品情報>My Sony>αcafe>ブルーノ・タウトの庵と梅林(Sakeno Mixさん)

本文へ

ブルーノ・タウトの庵と梅林
ブルーノ・タウトの庵と梅林
ブルーノ・タウトの庵と梅林

「ブルーノ・タウトの庵と梅林」

撮影:Sakeno Mixさん

この庵は高崎少林山達磨寺にあり、「洗心亭」という名で知られています。
タウトはドイツの建築家・都市計画家。1933年、ナチスの迫害を避け妻を伴って日本に亡命した。しかしナチスドイツに接近していた日本政府からは公的支援が得られず、3年半後に日本を去る。そのうちの2年3か月をこの庵で過ごした。夫人を伴って頻繁に付近の田園を散策したらしい。

「洗心亭」・・・もともとはとある教授の別荘らしい

カメラ:
SONY ILCE-7M2
レンズ:
70-400mm F4-5.6 G SSM II
焦点距離:
70mm
シャッター速度:
1/100
絞り値:
F9.0
露出補正:
±0.0
ISO:
250
ホワイトバランス:
自動

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

カメラ:
SONY ILCE-7M2
レンズ:
70-400mm F4-5.6 G SSM II
焦点距離:
70mm
シャッター速度:
1/100
絞り値:
F5.0
露出補正:
±0.0
ISO:
250
ホワイトバランス:
自動

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

タウト夫妻も歩いた・・・・カモシレナイ梅林の小径|ヽ(*´ω`)y-゚゚゚

カメラ:
SONY ILCE-7M2
レンズ:
FE 16-35mm F4 ZA OSS
焦点距離:
26mm
シャッター速度:
1/80
絞り値:
F8.0
露出補正:
±0.0
ISO:
100
ホワイトバランス:
自動

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

ページトップへ