製品情報>My Sony>αcafe>お知らせ>αcafe 第7回スペシャルフォトコンテスト>審査結果発表>一般部門【生き物部門】

本文へ

GENERALANIMAL DEPARTMENT

審査員:井上 浩輝

金 賞

記念プレート、
ソニーポイント(50,000円分)、200bean

「梅雨本番」sekundesさん

モデル:SONY ILCE-7R  拡大表示

「梅雨本番」sekundesさん(東京都)

金賞の王冠審査員選評

このカエルはパッと見ただけだと、よくある写真のように見えます。それでも細部を見てみると、他にはない点がたくさんあります。ひとつは背景の雨がしっかりと写っていること。それから、この足についているのはたぶん水滴ですよね。これらのことから、ちゃんと雨が降っているなかで撮られていることがわかります。そしてなんといっても、右手が上がって傘を差しているように見えることですね。葉っぱのなかも透けて見えていてキレイです。背景が素晴らしく、ポーズも素晴らしい。金賞にふさわしい写真です。

銀 賞

記念プレート、
ソニーポイント(40,000円分)、100bean

「生と死の間」uraさん

モデル:SONY ILCE-6500  拡大表示

「生と死の間」uraさん(男性 30-39歳 三重県)

銀賞の王冠審査員選評

素晴らしい光の使い方をしています。顔からシャドウを持ち上げて鹿の毛の質感も見えてますし、なんといってもこの白目がいい。このように木が重なっていて、その奥が明るいというのはカメラが苦手としていて、これはソニーのEVFを非常によく生かして撮っているなと感じます。撮ってから背面液晶を見て確認するのではなく、EVFの中で絞りやシャッター速度、ISOをサッと変えられます。もし連写したなかでこの白目が出ている写真を選んでいるとすれば、選美眼がまたいい。動物の感情を感じるような一枚ですね。

銅 賞

記念プレート、
ソニーポイント(20,000円分)、50bean

「樹上の森人」littlefoxさん

モデル:SONY ILCE-6300  拡大表示

「樹上の森人」littlefoxさん(男性 30-39歳 北海道)

銅賞の王冠審査員選評

すごいですね。こういうのはたいてい鼻にピントが合ってしまうのですが、しっかりと目にピントが合っています。リスが杉の木から降りてきて止まる時間は1秒。どんなに長くても3秒ですよね。その間にさっとピントを目にあわせて撮る。見事です。ボケのなかに見えるリスが足を拡げているのがかわいい。これを斜めの構図でとってしまおうと考えたところも素晴らしいですね。色はちょっと青くかぶっていて、もう少しアンバーならきれいだったかもしれないけど、そんなことを感じさせないぐらいパワーがあります。