製品情報>My Sony>αcafe>タイワンホトトギス(ごとうさん)

本文へ

  • 男性:表示しない
  • 地域:神奈川県
  • 撮影エリア:
  • 使用ボディ:α7R Ⅳ, DSC-RX100M7, DSC-RX100初代
  • 使用レンズ:FE20mm F1.8 G,
    FE 90mm F2.8 Macro G OSS,
    FE 70-200mm F2.8 GM OSS,
    その他レンズはレンタルです。
  • お気に入りの一本:FE 20mm F1.8 G

2021年6月:FE 70-200mm F2.8 GM OSS 購入
 5月:FE 90mm F2.8 Macro G OSS 購入
 3月:α7R Ⅳ, FE20mm F1.8 G 購入
 2月:αカフェ入会
2020年11月から:αアカデミー受講
 7月:RX100M7購入
2013年:RX100(初代)購入

RX100M7は、センサーサイズが小さい・レンズ交換ができませんが、その他は機能をほぼ網羅しており、十分という評価を自分に言い聞かせておりました。
しかしαアカデミー講座に参加し、αカフェにも投稿し始めると、やはりαシリーズを購入したくなってきました。
不本意ながら(本当は本意)どれを買うかを検討。

αカフェに投稿して感じることは、自分が撮りたくて投稿したものとお豆評価が高いものは別ものなのだなということです。

そこで、RX100M7でαカフェに投稿した人気順上位10の写真の分析をしてみました。
・人気順で並べ替えてみる。
・RX100M7は焦点距離24mmが限界なので、実際にはこれよりも短い数字で撮りたくてもかなわず24mmで撮っている。
・絞り値はRX100M7の開放限界値で撮っているものが多い。
・ISO感度を上げて撮っているものはノイズが気になって自分的には満足度が少ない。
・被写体に寄り、広角で撮影し背景をぼかしたいことが多い。

このことから、
・ISO上限が高いカメラ本体を必要とはしていない。
・画素数が大きく、クロップやトリミングを活用すれば、ズームレンズでなくともそこそこ解像度が高い結果が得られるのでは。
・望遠側は当面RX100M7で満足するべし。

という観点から、当初はα7C、α7Ⅲを模索していたものの、急にアイディアがひらめき、
「α7RⅣ」と「FE 20mm F1.8 G」という組み合わせで購入しました。
αアカデミーでよく耳にする、清水の舞台から飛び降りるとかスカイツリーから飛び降りたというやつです。
RX100M7がない状態でしたらこの選択はしなかったでしょう。