製品情報>My Sony>αcafe>一万ミリの雨の森 第六章 純然たる生の営み(まるいねこさん)

本文へ

一万ミリの雨の森 第六章 純然たる生の営み
一万ミリの雨の森 第六章 純然たる生の営み
一万ミリの雨の森 第六章 純然たる生の営み

「一万ミリの雨の森 第六章 純然たる生の営み」

撮影:まるいねこさん

森の中から巨大な赤褐色の根が現れた。
雨に濡れて光るその姿は怪しくおどろおどろしい。
屋久島の森をじっくり見るとそこは人間が思うようなただ美しいだけの場所ではなく、本来、純然たる生の営みの場なのだと感じます。
※ギャラリー内で屋久島の「一万ミリの雨の森」を第一章から掲載しています(アルバム「屋久島」)。
※2枚目の写真が月例オープンフォトコンテスト第3回で入選しました。

雨に濡れるヒメシャラは怪しくおどろおどろしい。

カメラ:
SONY ILCE-7RM2
レンズ:
16-35mm F2.8 ZA SSM
焦点距離:
16mm
シャッター速度:
2
絞り値:
F11.0
露出補正:
-0.7
ISO:
400
ホワイトバランス:
マニュアル

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

屋久島の森では割れた木の根に溜まる僅かな土や水を苗どころとして次の命が芽生えていました。

カメラ:
SONY ILCE-7RM2
レンズ:
16-35mm F2.8 ZA SSM
焦点距離:
16mm
シャッター速度:
1/50
絞り値:
F2.8
露出補正:
-0.7
ISO:
400
ホワイトバランス:
マニュアル

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

大岩を這うように伸びる屋久杉の根。表土の少ない屋久島では木々は地表を大たこのように根を伸ばして生きています。

カメラ:
SONY ILCE-7RM2
レンズ:
16-35mm F2.8 ZA SSM
焦点距離:
17mm
シャッター速度:
1/4
絞り値:
F8.0
露出補正:
+1.3
ISO:
400
ホワイトバランス:
マニュアル

※撮影情報は、お使いの機種その他の要因により表示されない場合や情報が正確でない場合があります。

ページトップへ