製品情報>My Sony>αcafe>2020 正月 まごポトレート(NαX677Ⅱさん)

本文へ

  • 男性:60-69歳
  • 地域:滋賀
  • 撮影エリア:近場
  • 使用ボディ:α6400、α7RⅢ
    〈使用機器の変遷〉
    C3D→NEX6 →α6000 →α6400
    α7 →α7Ⅱ→α7RⅢ
    α65 →α77Ⅱ →α58 →α77Ⅱ
  • 使用レンズ:SEL1018、EPZ1650、24240、90M28G // LA-EA4//SAL50F14、tamron 16-300 F3.5-6.3DiⅡ
  • お気に入りの一本:FE 90mm F2.8 Macro G OSS

 ※ αとの出会いは最初の孫が這い回る頃
キャノンとペンタックスのポケットカメラで孫を撮ってました。「一眼レフで大事なのは撮像素子の大きさ」と聞き、レンズ2個付のNEXC3Dを買ったのがαスタートです。一人目の「孫1」と二人目「孫2」をモデルに撮り始め、αカフェへの投稿を始めました。
 ※音に導かれたα
単身赴任で知らない都会にいると部屋を音で飾りたくソニーのシアターを置きました。何台目かのシアターを探す時にソニーのホームページでNEX-C3Dを見ていて、αに出会いました。以後、使用機器の変遷にあるようにいろんなカメラを使い回し今に至ります。迫力のある製品カタログを見ていると欲しい気持ちが止まらなくなるから困ったもので、このところブラビアを我慢してます。
 ※スマートなαフルサイズ
2017年頃、職場仲間のニコラアさんにNikonのフルサイズカメラを見せて貰いました。最下端の引出しから出てきたのは、α7の3倍位?はありそうな巨体のマシンでした。αシリーズにして良かったとしみじみ思いました。
 ※日常の平凡な状況写真
ソニーαは今や光を操るとまで言われてます。なのに私の作品からはその欠片も感じて貰えないと思います。これからもそんな投稿は続くと思いますが、よろしくお願いします。