製品情報>My Sony>αcafe>根子岳と小学校(fummyさん)

本文へ

  • 性別:男性
  • 年代:50-59歳
  • 地域:熊本県熊本市東区
  • 撮影エリア:九州・中国
  • 使用ボディ:α65.α300
  • 使用レンズ:DT 35mm F1.8 SAM
    DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
    MINOLTA AF 35-70mm/F4
    MINOLTA AF 100-300mmF4.5-5.6 APOTELE etc
  • お気に入りの一本:DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM

写真歴
・小学生の頃より父のMinolta SRT101を借りつつ撮影。主に風景と天体写真。
・社会人になるとMinolta XDを購入。また、勤め先の関係上Nikon FEも購入。
・その後、Minolta α7000、α707。Nikon F801、F4s等で、風景ポートレート等の撮影。
・中判カメラ、マミヤ645、Pentax67でも、撮影していました。
・デジタル一眼は、α300からです。(2009年~)その後昨年α65購入。
・近年鳥の撮影の目覚め、風景を撮りながら、鳥に出会うと撮影するということが多くなっています。また、動物系、ペット(犬、猫)なども撮っています
・レンズは、Minolta 時代のMC・MDレンズがありますが、直接ははまらないので、αレンズの一部(35-70、100-300)とSONY時代のレンズでは、DT 18-55mm F3.5-5.6  DT 35mm F1.8 SAM、α300用にTamronの18-200mmを使用中。
・写真について学んだのは、最初は父から、その後独学、職場の先輩。フイルム時代は、自前でフイルム現像、引き伸ばし焼き付けをやっていました。Nifty FPHOTO九州メンバー活動、1995年 新・風景写真塾(塾長竹内敏信)を受講したりしています。最近は書籍による勉強が主です。アサヒカメラ、フォトテクニックデジタル、カメラマン等の月刊誌で色々調べたりしています。
・RAWデータについてはα300では主にRAWデータをPCに取り込み、フイルム時代よろしく、現像処理をやっていましたが、α65では、折角カメラ本体に色々な機能がついているので、使わないと損かなと思い、また、PC上に延々現像処理をやるより、カメラ側で一瞬でやってもらったほうがいいのではと、RAW現像処理は最近になってやめてしまいました。しかし、また、最近になって、RAWで撮りPCで現像、フォトレタッチソフトでの処理を行っています。