製品情報>My Sony>航空機フォトコン 2019

本文へ

ソニーオープンフォトコン 航空機フォトコンテスト2019

ソニーオープンフォトコン 航空機フォトコンテスト2019

ソニーマーケティング株式会社は航空機を主題としたフォトコンテストを開催します。
本コンテストは、スマートフォンも含めて撮影機材の制限を設けない、オープンフォトコン形式で行います。
この機会に奮ってご応募ください。
飛行機・航空機を撮影する際には地域住民の生活や自然環境に十分配慮し、
空港内でのルールなどの公共マナーを守って安全に撮影をお楽しみください。

JUDGE

航空写真家:伊藤 久巳(Hisami Ito)

航空写真家

伊藤 久巳

Hisami Ito

プロフィール1958年、東京生まれ。航空写真家。学生時代から撮影の仕事に携わり、1983年に伊藤久巳写真事務所設立。旅客機の機内取材から戦闘機の空撮まで軍民航空業界のあらゆる分野を撮影、取材し、航空雑誌のほか航空会社、航空機メーカー、空港会社の広告に写真を提供。写真集「伊藤久巳×飛行機力」(イカロス出版)、「さよなら日本のジャンボ」(ネコパブリッシング)など著書多数。公益社団法人日本写真家協会会員。日本航空写真家協会会員。

コメント空を舞台に飛ぶ飛行機には、さまざまなシーンが待っている。晴天順光でも、オレンジ色の太陽でも、夜の光の中でも、飛行機たちは常に輝いている。そんなさまざまなシーンをあなたの感性で切り取ってほしい。そして、飛行機は高速で飛行する物体であるからこそ、そのどこかに「迫力」が表現されていることを希望したい。迫力そのものをアップで捕らえていただいてもいいし、綺麗な景色の中の小さな一点の迫力でもいい。撮り方に決まりなどはまったくないので、思うままに飛行機と対峙してきてほしい。そして、その成果をぜひぶつけてほしい。

写真家:佐々木 豊(Yutaka Sasaki)

写真家

佐々木 豊

Yutaka Sasaki

プロフィール1966年京都府生まれ。これまでモータースポーツや様々なスポーツ競技を撮影。雑誌などに作品を発表。その経験を活かし、現在は航空機撮影を主に行う。月刊エアライン、ヒコーキ写真テクニック(イカロス出版)や同社カレンダーなどにも作品を提供。どんなシーンでも自分独自の視点とエッセンスをちりばめることに主眼を置いて撮影に挑む。伊丹空港を中心に全国各地の空港で活動。日本航空写真家協会(JAAP)準会員。

コメント航空機の写真と言うジャンルは撮影ポイントが限られることから、同じような写真が投稿される傾向にあります。写真は「技術性」「感性」「希少性」のそれぞれの要素があります。定番ショットをいかに高みに持って行くことも写真のあり方だと思いますが、コンテストと言う場で、数ある写真の中からより「光る」ものにするにはより一層感性を発揮し自分の絵を表現することが重要になります。定番ポイントでも何か違う視点で物を見る目が必要だと思います。そういう新しいものを見せていただきたいと思います。

大空を翔る戦闘機の勇姿をα7R IVで緻密に描く!ソニーα7R IV × 伊藤久巳

α7R IVの圧倒的な高画質、描写力で新時代飛行機撮影の幕開け!

伊藤久巳氏、佐々木豊氏が教える
航空機フォトコン
~撮影の心得~

掲載作品:ソニーの写真投稿サイト
αcafe」作品よりピックアップ

伊藤 久巳

航空写真家

伊藤 久巳

Hisami Ito

Point

「飛行機の迫力を切り取れ」

作品名「飛行機の迫力を切り取れ」 作品名「飛行機の迫力を切り取れ」
飛行機に限らずどんな被写体でもそうだが、写真ではピントが大切。ピントが来ているから優れた作品なのではなく、ピントが来ていて初めて写真としてのスタートラインに立てる。この作品は、まず高速で飛ぶ戦闘機をきちんと追い、機体にシャープなピントを結んだ。その上で、翼端から発生したベーパー(水蒸気)や機体そのもののバンクにより、あたかも戦闘機同士の戦闘シーンを表現してみせた。けっして夕陽や夜のシーンではないが、真っ昼間でもこんな劇的な瞬間がある。
佐々木 豊

写真家

佐々木 豊

Yutaka Sasaki

Point

「光をコントロールすること」

作品名「Wanna be a good photographer!」 作品名「Wanna be a good photographer!」
撮影に際し心掛けていることは光の使い方。どこからどのように光が来ているか。被写体にどのようにその光が当たっているか。それをどのように利用するかに注力します。やはり朝、夕の日差しが低い状態の時に魅力的な光になることがほとんどですが、どんな条件下でも光ををコントロールすることが大事だと思っています。あとは被写体の位置。構図とも言い換えられますが、セオリーにとらわれることなく自由で感じたままに表現することが大事です。「こうしてはダメ」という制約は全くないですからね。
「感じたままにシャッターを切る」自分が感動してシャッターを切った一枚はそれが伝わると思っています。

PRIZE

  • 大 賞
    (1名)
    • ソニーポイント
      50,000円分
  • 旅客機 賞
    (1名)
    • ソニーポイント
      30,000円分

    ※佐々木 豊氏の選考により賞を決定します。

  • 戦闘機 賞
    (1名)
    • ソニーポイント
      30,000円分

    ※伊藤 久巳氏の選考により賞を決定します。
    ※輸送機なども含む

  • αユーザー賞(1名)
    • ソニーポイント
      30,000円分

    ※「α」で撮影された作品が審査対象。「α」システムの性能や特徴が最大限活かされており、「これぞα」という1枚に与えられる賞です。

  • 乗りもの
    ニュース賞
    (1名)
    • ソニーポイント
      30,000円分
  • 入 選
    (12名)
    • ソニーポイント
      1,500円分

結果発表2020年3月下旬予定

について

鉄道(新幹線、観光列車、通勤電車など)、バス(高速、夜行、一般路線バスなど)、飛行機(旅客機、戦闘機など)、船、自動車、道路といった「乗りもの」や「交通」に関するニュース、最新の情報をわかりやすくお届けします!
詳しくはこちら

GUIDE

本コンテストの概要

当社は、本コンテストにおいて、大賞1作品、旅客機賞1作品、 戦闘機賞1作品、 αユーザー賞1作品、乗りものニュース賞1作品、 および入選作品12作品を選定し、当社のウェブサイトで発表させていただきます。また、各賞に選定された作品(以下「入賞作品」)を応募された応募者(以下「入賞者」)には、上記賞品を進呈いたします。

応募作品

本コンテストの選定対象となる作品は、次の各号の条件を満たす作品とします。

  • 応募者ご本人が撮影された航空機を主題とした作品
  • 過去に他社主催のフォトコンテスト、第三者が提供するストックフォトサービスなどで公開されていない未発表の作品(個人が非営利目的で運営するホームページ、ブログ、ソーシャルネットワーキングサービスなどに掲載した作品や当社運営サイトに投稿済みの作品は未発表の作品とみなします。)
  • JPEGファイル形式で投稿された作品(デジタル加工の有無は問いません)
  • ソニー株式会社ならびにその子会社および関連会社(当社を含み、以下「ソニーグループ各社」)の社員および本コンテストの関係者でない応募者により投稿された作品
  • 法令に違反していない作品
  • その他当社が不適切と判断しない作品
  • 上記の他、応募要項を含む本コンテストの条件(以下「本コンテスト条件」)で要求されるすべての条件を満たす作品

応募資格

本コンテストの応募資格は、以下のすべての条件を満たしたお客様とします。

  • 本コンテスト条件にご同意いただいたお客様
  • 日本国内にお住まいのお客様
  • My Sony IDをお持ちのお客様
    ※My Sony IDをお持ちでないお客様は、こちらから取得をお願いします。

応募期間

2019年12月10日(火)~2020年2月2日(日)

注意事項

  • 20歳未満のお客様は、保護者の同意を得たうえで、本コンテストへの応募をお願いします。なお、当社は、応募者が20歳未満の場合、保護者の同意を得たうえで応募されたものとみなします。
  • 当社は、応募者からの個別承諾なく、何らの追加対価も要せず、また期間の定めなく、自らまたは第三者をして、応募者の応募作品、そのタイトルおよび応募者の氏名またはニックネーム(以下「本件素材」)を、本コンテストの目的のために、複製、上映、加工、編集、頒布、公衆送信その他の方法で利用することができるものとします。
  • 上記(2)に定める目的の他、当社は、入賞者からの個別承諾なく、何らの追加対価も要せず、また期間の定めなく、自らまたは第三者をして、本件素材のうち入賞作品、そのタイトルおよび入賞者の氏名またはニックネームを、ソニーグループ各社のPR活動およびソニーグループ各社製の製品の販売促進活動ならびに当該製品の改善や開発等のために、自由に複製、上映、加工、編集、頒布、公衆送信その他の方法で利用できるものとします。
  • 本件素材の著作権は、応募者にそれぞれ留保されるものとしますが、応募者は、当社または第三者による上記(2)および(3)の本件素材の利用について、応募者の肖像権、著作権、著作隣接権、著作者人格権その他いかなる権利の主張も行わないものとし、また、第三者をして行わせないものとします。
  • 万一、本件素材に、第三者に関する著作権もしくは肖像権その他の権利が帰属する内容または特定の個人を識別できる情報(特定の個人の顔が認識できる場合を含みますがこれに限りません)が含まれる場合には、応募者は当該本件素材を当社に提供し、当社が上記(2)および(3)に従い本件素材を取り扱うことにつき、必ず事前にかかる第三者(第三者が20歳未満の方である場合には、その方の保護者)より承諾を得ておくものとします。応募者がかかる承諾の取得を怠ったことにより、また、その他応募者の責めに帰すべき事由により、かかる応募者の応募作品に関連して紛争が生じた場合でも、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、当社は当該紛争につき一切責任を負わないものとします。
  • 万一、入賞者の本コンテスト条件への違反が判明した場合(入賞作品が本コンテスト条件に定める条件を満たさないことが判明した場合を含む)、当社は当該入賞を取り消すことができるものとします。この場合、当社は当該入賞者に対し、ポイント番号の発信の停止、(既にポイント番号を発信している場合には)ソニーポイントの無効化、その他当社が必要と判断する措置をとることができるものとします。
  • 上記(6)の他、本コンテストにおいて応募者の応募作品に関して生じた一切の紛争について、かかる作品の応募者は自己の費用と責任で解決するものとし、当社に一切の迷惑を掛けないものとします。ただし、かかる紛争が当社の責めに帰すべき事由に起因して生じたものである場合にはこの限りではありません。
  • 当社は事前の予告なく、また理由の如何を問わず、本コンテストの全部または一部の終了、中止、またはその内容の変更をすることがあります。
  • 本コンテスト条件は日本法を準拠法とします。また、本コンテストに関して生じた一切の法律上の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

個人情報のお取り扱いについて

  • 応募者がMy Sony IDにご登録の氏名およびメールアドレス(以下「応募者の個人情報」)のお取り扱いについては、My Sony ID利用規約の規定のほか、以下の事項が適用されます。

    応募者の個人情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。法令により認められた場合を除き、あらかじめ応募者本人のご同意をいただくことなく、以下の目的以外で利用することはありません。
    [1] 入賞通知
    [2] 応募者からの問い合わせ対応
    [3] 応募作品に関する連絡
    ※応募者の個人情報をご提供いただけない場合、上記個人情報の利用目的に基づく入賞通知等がおこなえないことがあります。

  • My Sony IDにご登録された氏名もしくは応募者個人を識別できる名称を本コンテストの応募者名としてご登録された応募者または本件素材に応募者個人を識別できる情報をご登録された応募者は、入賞された場合、当社のウェブサイトでの発表時に当該氏名もしくは名称または当該本件素材が掲載されることを同意いただいたものとみなします。
  • 個人情報保護管理者
    ソニーマーケティング株式会社
    パーソナルインフォメーションマネジメント委員長
  • お問い合わせ先
    応募者の個人情報について、照会、修正または消去を希望される場合には、My Sony お客様窓口までご連絡ください。可能な限り速やかに対応いたします。

本コンテストに関するお問い合わせはこちら

当社は、本コンテストに関して、お客様のご相談窓口として、次の連絡先を設置し、各種お問い合わせに対応するものとします。ただし、入賞作品の選定は当社の判断により行われるものであり、かかる選定基準・選定結果に関するお問い合わせに関してはお答えできません。あらかじめご了承ください。

※お問い合わせは専用お問い合わせフォームからのみ受け付けております。
※郵送および電話によるお問い合わせは受け付けできませんのでご了承ください。

お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

応募する

ページトップへ